創業明治41年 天狗中田本店ホームへ お問い合わせへ

商標天狗の由来

天狗

 商標の「天狗」の由来は、当時近くにあった居酒屋が天狗の面の酒杯を用い、飲み終わらないと下に置けないことから大変繁盛していたことと、出身地安宅にゆかりのある義経(鞍馬山)とを重ね合わせて、機知に富み、また常にチャレンジ精神を持ち続けたいという思いから、天狗の面をもって自家の商標としたのであります。

 創業当時(明治41年)は、食肉の習慣が普及していないこともあり、創業者の中田岩次は、自ら天狗の朱面をつけて馬にのり、手には大きな団扇を持って街を練り歩き、店名及び「天狗乃肉」の周知はもとより、食肉の消費拡大に努めました。

 さらに二代目岩次郎は、次代は担う青少年への更なる食肉普及に努めるとともに、現在の食肉総合メーカーとしての礎を築き上げました。以来、「天狗」は商標であるとともに、当社の守り本尊となっております。


ページの先頭へ